著者紹介:馬場研治さん

更新日:2013年5月14日

馬場研治さん 東海住宅産業協会理事長で内田橋住宅社長の馬場研治さんがこのほど、自らの半生を振り返った『海図なき航海』を執筆した。

平成24年10月から12月まで、中部経済新聞で50回にわたり連載した「マイウェイ」を加筆修正したもの。

馬場さんは名古屋大学で建築学を学び、東京大学大学院を経て日米で耐震工学の研究を重ねた。30代半ばで内田橋住宅に入社し、実業界に転身。昭和63年に父の後を継ぎ同社社長に就任した。

同書は、研究の裏話や恩師、同僚とのエピソードとともに転身後に直面したバブル崩壊、住専問題処理などを乗り越えた経緯をつづっている。

馬場さんは「運命のいたずらでアカデミックな世界から実業界へ飛び込んだ。若いころから事業一筋ではなかったが、かえってそれがよかったと思えることも多い。まさに大海原を海図なしで漂流するような人生だった」と振り返っている。

『海図なき航海』へ戻る

出版物

出版物についてのお問い合わせは、以下までお気軽にどうぞ。
〒450-8561
愛知県名古屋市中村区名駅4-4-10
中部経済新聞社 事業部

TEL : 052-561-5675
FAX : 052-561-9133
E-mail book@chukei-news.co.jp

 

現在の位置:ホーム > 出版物 > 中経マイウェイ新書 > 海図なき航海 > 著者紹介